「冥途カフェ」

先日、理事の岡崎さんから聞いた話ですが、今度天草の社協に呼ばれて「幸福度」の話をしに行くそうです。天草には社協が主宰する「冥途カフェ」というのがあって、おばあさんたちがモンペ姿でお客を接待するそうです。おばあさんには一人ひとり源氏名もついていて、ご指名も出来るそうです。これは地域包括ケアシステムの一環として、お年寄りを元気にするための活動だそうです。岡崎さんは今度見て来たら報告しますと言っていました。

 

試しに「冥途カフェ」で検索すると一杯出てきて、この言葉は普通に使われているのかなあと思いました。渋谷にも「冥途カフェ」があるようで、これは若い人向きのカフェのようです。

 

いずれにしろ、地域包括ケアシステムは地域のお年寄りを地域で支え、元気にするのが目的ですから、こんな遊びのような楽しい活動があってもよいのかなと感じました。岡崎さんの報告を聞いてみたいです。(植村)