「みなみおおさわカフェ」(コミュニティカフェ)OPEN!

誰でも気軽に立ち寄れる ~多世代交流スペース~

みなみおおさまカフェ(コミュニティーカフェ)Open!!

~南大沢地域と首都大の協働で首都大学東京構内に開店!!~

去る118日(火)地域の方々がどなたでも集えるコミュニティーカフェ「みなみおおさまカフェ」が 首都大学東京 91年館にオープンしました。

首都大学東京の学生と地域の皆さまが、世代を超えて語り合い、お茶を飲みながら交流を深めていただく場として、南大沢地域にこのような「コミニティーカフェ」がOpenしたのは、南大沢地域の特徴でもある ・地域のつながりが乏しく、知り合いのできにくいマンションが多い  ・一人で閉じこもりがちの方々が多い(高齢者も子育て中のお母さんも考えられる )などの課題解決のために①高齢者あんしんセンター②首都大学 和気教授ゼミの学生③市役所④地域の市民活動家などで「首都大学と創る南大沢」プロジェクトを立ち上げ、毎月準備会合を重ね「多世代交流スペース」として、「南大沢オトパ」(10/4開催)でプレオープンした経験を生かし今回のOpenに結びつきました。

また、開催に当たっては学内の協力も多く、古典ギターやピアノ演奏、マジック、BGM提供に加え来場者の皆様と一緒に歌うことなどを楽しみました。さらにカフェの周りには美術作品、陶器の展示など学内の色々なクラブの協力があり幅広く楽しんでいただけたと思いますが、来客が予想以上に多く「学生ともっと話がしたかった!!」とのご意見も頂き、次回12/13(火)にはご要望にお応えするため現在準備中です。

オープニング・セレモニーでは来賓として市民活動協議会 石井理事長も挨拶され「シニア中心になりがちな市民活動に若い学生の参加を望んでいたが、今回はまさに学生を中心に多世代が集う場が出来たことを喜んでいる」と期待を込めて話をされました。

 次の開催は(当面は1回/月を予定) 

1213日(火)10時~12

 

首都大学東京 91年館